​新型コロナウイルス対策に取り組む区内の事業者紹介

TSP太陽株式会社​

医療現場のニーズを吸い上げてスピーディに対応

 東急線・中目黒駅から徒歩10分のところにあるTSP太陽は多彩なジャンルのイベントをサポートするイベント製作会社。これまで現場で培ってきたノウハウをもとに、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点で重要な役割を担うPCR検査用の「ボックス型PCR検査所や移動型PCR検査所」の開発販売を行っています。

「コロナ禍でイベントが減り業界としても仕事が激減していますが、そんな中で、われわれの持っている技術を使って社会に貢献できることはないだろうかと考えました」と同社営業本部・金原貫太郎さんは振り返ります。PCR検査会場不足の解消や、その最前線で働く医療従事者を感染から守るため、間仕切りなどを用いた簡易施設を作ろうと考えたのがその第一歩。社内に新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の専門部署を作り、医療従事者への入念なヒアリングを行ったといいます。その結果、「移動型のPCR検査BOXがほしい」「クリニックのテーブルを間仕切りできるものがあれば…」「抗菌効果の高いものがいい」など、現場の意見を吸い上げ、試行錯誤しながら開発を進めていきました。「思えば弊社はこれまでも顧客のニーズに沿ったモノづくりを展開してきました。例えば、テント生地で資材を運ぶ袋がほしいとか、イベントで使う看板や備品がほしいとか、こんなものはできないか?という顧客の細かいニーズに対してひとつずつ対応。今までにないものをスピード感を持って具現化し、安全安心なイベント空間を創る、今回もそんな弊社ならではのノウハウが活かせたような気がします」(金原さん)

 8月に発売を開始したブースタイプの「クリニック用簡易検査BOX」と、卓上タイプの「クリニック用簡易検査BOX LIGHT」はいずれも軽量&丈夫かつ、工具不要で簡単組み立てと、まさに現場を知り尽くしたイベント屋ならではの商品。

クリニック用簡易検査BOX

「東日本大震災の時も熊本豪雨の時もそうでしたが、もともとTSP太陽には非常事態が発生すると、弊社として現場で援助できることが何かないかと、すぐに動くという文化があります。今回のPCR用簡易検査BOXもまさにそうですが、飛沫感染などによる医療崩壊を防ぎ、安全安心なPCR検査の運用に貢献できればと思います。幅広く必要な方の手元にお届けしたいですね」(金原さん)

クリニック用簡易検査BOX LIGHT

すべては普通にイベント開催できる世の中に戻るために

 ちなみに、TSP太陽の「TSP」はTotal Space Production の略ですが、イベントで安心して使える場・空間を提供するトータル・スペース・プロダクションの思想から、施設空間におけるドアノブ、手すり、椅子・テーブルなどの共有部位のウイルス抗菌にも着目。接触感染のリスクを低減するコーティング剤「メディカルナノコート」の取り扱いも始めました。「国際空港での効果持続検証試験で28カ月の効果持続実績があります。子どもが舐めてもOKな基準をクリアした安心して使用できる製品です」とは担当の同社営業本部・一条結花さんです。イベント屋が抗菌コート材や、抗菌スプレーを販売するとは意外ですが、それもすべては安全安心なイベント空間を具現化していくため。

メディカルナノコート

「ここ数ヶ月はウイルス抗菌のことを集中的に勉強し、自分は一体、何屋なのだろうかと考えたこともありましたが、ニーズがあるところに必要なものを提供するのが弊社の使命。以前のように早くたくさんのイベントが普通に開催できる世の中に戻れるように今、何をするべきか。今後もみなさんが安心して会場に足を運んでいただけるような安全安心なイベント空間を作れるよう全力を尽くしていきたいですね」(一条さん)

 まさに世の中のニーズに対して臨機応変に対応できるイベント屋の真骨頂ともいうべき、新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する取り組みがここにはあります。

​『TSP太陽株式会社』

所在地:東京都目黒区東山1-17-16

代表取締役社長:能村祐己

電話番号:03-3719-3721

設立:1955年

金原貫太郎さん(左)、一条結花さん(右)

目黒区内事業者の応援策についてアイディアを受け付けています。特に事業者ご本人からのメッセージをお待ちしております。

​頂いたメッセージに対しては基本的に個別のお返事をさせていただくことはできませんが、少しでも現実に即した情報を提供できるよう努めてまいりますので、どうぞご承知おきください。

運営

主催:目黒区商工まつり運営委員会

​後援:目黒区

​トップページ画像提供:めぐろ観光まちづくり協会

協力
logo.jpg

© 2020 目黒区商工まつり運営委員会